HotForexのコピートレードとは?始め方&稼ぐコツを徹底解説

「HotForexのコピートレードってどうなんだろう。稼げるのかな?」
「HotForexのコピートレードについて詳しく知りたいな」

上記のような疑問をお持ちの方へ向けた記事になっています。

茉莉花

HotForexは師匠のランキングで2位のFX業者だったよね!
しっかり復習してますね。もともと欧州のトレーダーから人気の高い業者ですが、ミラートレードでもおすすめしたいです。

師匠

海外FXにはコピートレードのサービスを提供している業者がいくつかあります。

その中でも、「HotForex」のコピートレードはストラテジー(トレード内容をコピーできるトレーダー)の数が800名以上、充実した日本語サポート対応や検索機能の使いやすさなども評価が高く、かなり多くのトレーダーが利用しているコピートレードのサービスです。

この記事では、そんなHotForexのコピートレードについて「概要・メリット・デメリット」から「口座開設手順・始め方」に「稼げるストラテジーを選ぶコツ」まで詳しく解説していきます。

最後まで読めば、HotForexのコピートレードについて一から十まで理解し、すぐに口座開設してトレードを始めることができますよ!

HotForexのコピートレードとは?

まずは「HotForexのコピートレードとはどういうサービスなのか」というところから説明していきますね。

HotForexのコピートレードとは、

HotForexに登録されている「ストラテジー・プロバイダー」をフォローすることで、そのトレーダーと全く同じ運用ができるというサービスのこと
です。

つまり、HotForexを利用している優秀なトレーダーのトレード内容があなたの口座でも行われる(コピーされる)ということです。

フォローしているトレーダーが利益を出したらそれに応じてこちらも利益を得られますが、その際一定の手数料をストラテジー・プロバイダーに支払うことになります。もちろん、負けた場合は手数料の支払いは発生しませんのでご安心を。

支払う手数料はストラテジーによって異なりますが、だいたい獲得利益の20~50%くらいです。

通常の取引用口座とは別にコピートレード専用の「HFCOPY口座」という口座タイプが用意されており、そちらで口座開設をすれば「ストラテジー・プロバイダー」をフォローしコピートレードを行うことができます。

HFCOPY口座は最大3つまで開設可能。それぞれの口座で1名ずつストラテジー・プロバイダーをフォローできます。

コピートレードと自動売買(EA)の違い

自分の代わりにトレードを行ってくれるFXサービスといえば、真っ先に思い浮かぶのが自動売買(EA)ですよね。

しかし、これまでにあまり自動売買をやってこなかった方からすると、「コピートレードと自動売買(EA)はどう違うのか」がわからないという人も多いでしょう。そこで、ここでは補足として「コピートレードと自動売買(EA)の違い」を簡単に解説しておきます。

コピートレードと自動売買(EA)の違いを一言で表すと以下のようになります。

  • 自動売買(EA) :プログラムに沿って機械的な動きを繰り返すトレード
  • コピートレード:人がトレードする裁量トレード

自動売買はプログラムによるトレードなので、相場の急変動などの予測不能な動きには対応することができません。大きな動きがあった場合は、EAを止める必要があります。

一方、コピートレードは人の手による裁量トレードなので、ファンダメンタルの変化にも対応可能。相場は不規則で何が起こるかわかりませんから、リスク管理としては自動売買(EA)よりもコピートレードの方が優秀です。

また、MT4でEAを動かすにはサーバーを用意したりVPSをレンタルする必要がありますが、コピートレードではそれらが一切必要ありません。コピートレードは業者内のサーバーによって管理されているため、ストラテジー・プロバイダーを選んでフォローすれば、あとは利益が出るのを待つだけでOKなのです。

HotForexコピートレードのメリット

ここからは、HotForexのコピートレードのメリット・強みを見ていきます。

コピートレードを提供している他の海外FX業者と比べて、HotForexのコピートレードは以下3つの点が優れています。

メリット
  1. 独自プラットフォームでタイムラグがない
  2. ストラテジー提供者が800名以上
  3. 日本語サポートが充実している

では、これらメリットの詳細を1つずつチェックしていきましょう。

独自プラットフォームでタイムラグがない

まず1つ目のメリットは、HotForexのコピートレードが「独自のプラットフォームを採用している」という点です。

海外FXのコピートレードは、業者によって取引用プラットフォームの仕組みが異なります。大きな違いは、プラットフォームが自社製他社製かというところ。

TitanFXという業者は「ZuluTrade」という第三者のサービスと提携しミラートレードを提供していますが、第三者との連携なのでTitanFXに注文が伝わるまでに手間が多くラグが発生しやすいとされています。

対してHotForexではコピートレード用のプラットフォームも全て自社内で運営しているため、連携もスムーズ。注文の遅延やラグは発生しにくい環境となっています。

ストラテジーの数が800名以上

2つ目のメリットは、「ストラテジーの数が800名以上」という点です。

HotForexではストラテジー・プロバイダーの数が800名以上と、業界の中でもトップクラスの多さを誇っています。

また、ストラテジーの検索も使いやすく、各ストラテジーの公開されている情報も多いため、自分に合ったものを選びやすいです。さらにHotForexではストラテジー登録者を厳しく審査しており、半年に1回テストを行い、基準点に至らなかったトレーダーはプロバイダーから外される仕組みになっています。

そのため、ストラテジー登録者の質はしっかりと担保されており、常に優秀なトレーダーが集まっているのです。

日本語サポートが充実している

3つ目のメリットは、「日本語サポートが充実している」という点です。

スタンダードな裁量取引とは違い、コピートレードだと調べても出てこない情報や、見方や使い方などわからない部分が多く出てくるかもしれません。また、取引口座にもし万が一何かあったときのためにも、スムーズにやり取りのできる環境は必須です。

HotForexは日本人スタッフが在籍しており、日本語のサポート対応に対応しています。ライブチャットでの問い合わせも日本語でできるので、何かわからないことがあった時もスムーズにやり取りが行えます。

Hotforexコピートレードのデメリット

ここからはHotForexコピートレードのデメリット・弱みを見ていきます。

HotForexコピートレードのデメリットは以下の2つ。

デメリット
  1. 円口座に対応していない
  2. 手数料が高い

では、これらデメリットの詳細を1つずつチェックしていきましょう。

円口座に対応していない

1つ目のデメリットは、「円口座に対応していない」という点です。

HotForexは円口座に非対応。対応している通貨はドルかユーロのみとなります。

円口座に対応していないということで、入出金の際に良くも悪くも為替の影響を受けてしまう可能性が生じてきます。

どういう影響があるのかを簡単に説明すると以下のような感じです。

  • 入金したときよりも、出金したときの方が円安だったら利益が出る
  • 入金したときよりも、出金したときの方が円高だったら損失が出る

このように、入出金時はタイミングを考えないとプラスマイナスが発生してしまうおそれがあるのです。

プラスで利益を得ることができる可能性もあるため、一概にデメリットとは言い難いかもしれません。しかし、コピートレードを提供している大体の海外FX業者は円口座に対応しているので、他の業者と比べると入出金時にどうしても計算の手間などがかかってしまいます。

手数料が高い

2つ目のデメリットは、「手数料が高い」という点です。

HotForexのコピートレードでは獲得利益の20~50%を手数料として支払う必要があります。成績の良い優秀なストラテジー・プロバイダーは利益の20~30%を手数料に設定していることが多いので、平均はだいたいそれくらいの手数料になると考えてください。

これはコピートレードを提供している他の海外FX業者と比べても結構な割高です。

しかし、メリットの見出しでも紹介したようにHotForexはストラテジー・プロバイダーの数や情報量が他社を圧倒しており、それだけのコストを支払っても利用する価値は充分にあると私は思います。

Hotforexコピートレードの口座開設手順

ここからは、HotForexのコピートレード用口座「HFCOPY口座」の開設手順を解説していきます。

HFCOPY口座には以下の2種類があります。

  • ストラテジー・プロバイダー口座
    :トレードし、コピーの元となる口座
  • フォロワー口座
    :トレードをコピーするための口座

ストラテジー・プロバイダー口座は、トレードのコピー元になる裁量取引が可能な口座です。フォロワーを集めれば、利益を上げて手数料を受け取ることができます。ただし、ストラテジー・プロバイダーになるには自身の取引実績をHotForexに提出する必要があります。

フォロワー口座は、トレードをコピーするための口座。ストラテジー・プロバイダーをフォローすれば自身の口座にもストラテジー・プロバイダーの取引がコピーされて、こちらも利益を受け取ることができますが、フォローしているストラテジー・プロバイダーに所定の手数料を支払います。

この記事ではストラテジー・プロバイダーをフォローして利益を得るフォロワー口座の開設手順を解説します。

手順は3分ほどあれば完了するので非常に簡単です。

HFCOPY口座の開設にはHotForexのmyHF口座の開設が必要です。開設がまだの人は口座開設フォームからどうぞ。

①フォロワー口座開設をクリック

まずはHotForexのmyHF口座にログインして、右上にあるメニューの中から「HFコピー」にカーソルを当てます。

すると「フォロワー口座開設」という項目が出てくるので、そちらをクリックしてください。

HotForexのフォロワー口座開設

②適正テストの提出

「フォロワー口座開設」をクリックすると、以下のような適正テストの画面が表示されます。

HotForexのフォロワー口座開設

こちらはテストというよりアンケートみたいなものなので、気軽に答えてみてください。

回答が終わったら、左下にある「回答提出」のボタンをクリックします。テスト結果が合格なら、以下画像のように口座開設が可能になったという旨が表示されます。

適正テスト

この画面が出たら、左下にある「HFcopy 口座開設」のボタンをクリックしてください。

③フォロワー口座開設手続き

続いての画面ではフォロワー口座開設の手続きに移っていきます。

HotForexのフォロワー口座開設

といっても、ここで入力したり選択する項目は特にありません。左下のチェックボックスにチェックを入れて、「口座を開設する」ボタンを押すだけで大丈夫です。

④ログイン情報の確認

次の画面では、フォロワー口座のMT4ログイン情報が送られてきます。

フォロワー口座のMT4ログイン

コピートレードでは自分でトレードする必要がないので、基本的にはMT4を使うことはないと思いますが、念のためきちんとメモを取っておくようにしてください。

ここまでが完了すれば、HFCOPYのフォロワー口座の開設は完了となります。

ログイン情報をメモしたら、左下にある「フォローするストラテジーを見つける」ボタンをクリックしてみてください。すると、登録されているストラテジー・プロバイダーの一覧の画面に移動します。

フォローするストラテジーを見つける

続いては、この画面の見方を解説していきます。

HotForexコピートレードの始め方

口座開設の手順に引き続き、ここからはコピートレードの始め方を解説していきます。

口座開設完了後はどういう操作・手順で設定をしていくのかを見ていきましょう。

ストラテジー・プロバイダーの選択

まずはストラテジー・プロバイダーの一覧が表示されている画面で、コピーしたいストラテジー・プロバイダーを選択します。

フォローするストラテジーを見つける

こちらのストラテジー・プロバイダー一覧の画面で確認できる主な情報は以下の5つ。

項目 意味
利得率 利益の増加率
最大ドローダウン 最大の損失額の割合
フォロワー フォロワーの数
安定性スコア HotForex独自基準による取引の安定性への評価。
1に近いほど評価が高い。
いつからアクティブ いつからトレードをしているのか(期間)

これらの項目を確認していって、気になるものがあったらアイコン写真か「プロフィール表示」をクリックしてみてください。

すると、以下画像のように、そのストラテジー・プロバイダーの詳細なトレード実績を確認できるプロフィール画面へ移動します。

ストラテジー・プロバイダーの詳細なトレード実績
ストラテジー・プロバイダーの詳細なトレード実績
ストラテジー・プロバイダーの詳細なトレード実績

この画面では、期間別のトレードパフォーマンス、残高の推移や入出金履歴、取引通貨ペアまで細かくチェックすることができます。

取引の実績なども踏まえて、フォローしたいと思ったらページ上部の右上にある「フォロー」をクリックしてみましょう。

ストラテジー・プロバイダーのフォローと設定

ストラテジー・プロバイダーを選択し「フォロー」ボタンをクリックすると、以下のようなトレード条件の設定画面に移動します。

トレード条件の設定画面

それぞれの項目の意味と日本語訳は以下です。

項目 意味
Choose Follower Account フォローするトレーダーのアカウントID番号
Amount(USD)to be added under Strategy 運用をする金額
Choose Volume Allocation 残高に対するトレードのコピー比率。
100%を選ぶと証拠金に対して同じ比率でトレードをコピーします。
Choose Rescue Level 残高のうち保護される証拠金の割合です。
損失が選択したレベルまで達すると自動的に取引を全てクローズし証拠金はmyWalletに自動的に移動されます。
Copy minimum Volume o.o1 下記の説明をよく読んでいただき「はい」「いいえ」を選択してください。

最後の項目「Copy minimum Volume o.o1」は、HotForexの公式日本語マニュアルで以下のように説明されています。

例1:ストラテジープロバイダーが0.15lotのポジションをオープンすると、フォロワーアカウントは0.03lot(0.15 × 0.26 = 0.039 = 0.03)のポジションをコピーします。この場合は最少取引数量であるlot0.01lotを超えているので取引が成立します。

例2:しかし、ストラテジープロバイダーが0.03ロットのポジションをオープンしたとき、お客様のフォロワーアカウントで開かれるポジションサイズは0.01(0.03 * 0.26 = 0.0078 = 0.00)の最小金額を下回ります。その場合は取引が成立しないことになります。

例2において、Copy Minimum Volume 0.01項目にてドロップダウンメニューから「はい」を選択すると、通常では取引が成立しない場合でも最小額0.01でフォロワーアカウントにコピーすることができます。

同じく例2において、Copy Minimum Volume 0.01項目にてドロップダウンメニューから「いいえ」を選択すると、通常のコピー比率計算システムが作動し、取引は成立しません。

つまり、フォローしているストラテジー・プロバイダーがロット数を増やしたとき、フォロワーの増加ロットが0.01に満たない場合は取引するのかしないのかを選ぶことができるわけですね。

「Yes」を選択すると、ロット数が0.01でも、0.01ロットとみなして取引をします。
「No」を選択すると、ロット数が0.01の場合は取引が行われません。

これらの項目を入力、選択したら左下にある「Start following」ボタンをクリックすると、ストラテジー・プロバイダーのフォローが完了します。

HotForexコピートレードの選び方

ここからは、HotForexコピートレードでの良いストラテジー・プロバイダーの選び方を解説していきます。

ストラテジー・プロバイダーを選ぶ際は、以下の4点を必ずチェックするようにしましょう。

  1. 安定性スコアが低い
  2. 最大ドローダウンが低い
  3. フォロワーが多い
  4. 利益が緩やかな右肩上がり

では、これら選び方の詳細をひとつずつ見ていきます。

安定性スコアが低い

HotForexではストラテジー・プロバイダーの安定性を独自に5段階で評価しています。

数字は1に近いほど安定性が高く、大きい数字になってくると安定性が低く危険であることを示しています。目安としては安定性が2以下のものを選ぶようにしておくといいでしょう。

最大ドローダウンが低い

最大ドローダウンというのは、過去最大の資産に対する損失額の割合のことです。

例えば、証拠金100万円から50万円の損失を出してしまった場合、ドローダウンは50%です。

この最大ドローダウンを見ることにより、そのトレーダーのトレード傾向を把握することができます。ドローダウンが大きいトレーダーはリスキーなトレードをしている可能性が高いので、利益も大きいのですが損失のリスクも同じように大きくなってしまいます。

ドローダウンは低い方が安定性が高いので、目安としては20%以下のストラテジー・プロバイダーをフォローするのがおすすめです。

フォロワーが多い

ストラテジー・プロバイダーのフォロワー数もチェックするべきポイントのひとつ。

フォロワー数を積み上げてきたストラテジー・プロバイダーは長期的に利益を出している可能性が高く、そのフォロワー数が多くのトレーダーからの評価を示す証拠となります。目安としてはフォロワーが50人以上のストラテジー・プロバイダーを選ぶようにしましょう。

しかし、フォロワーが50人以下でも最大ドローダウンや安定性に優れているストラテジー・プロバイダーは数多くあるので、必ずしも50人以下はNGというわけではありません。

この記事で挙げている選び方の項目をいろいろ確認してみて、問題がないと判断すれば50人以下のものでもフォローしてみていいでしょう。

利益が緩やかな右肩上がり

ストラテジー・プロバイダーのプロフィールページでは、これまでのトレードのパフォーマンスを確認できます。

このパフォーマンスのグラフが緩やかな右肩上がりを描いていれば、コツコツと安定して利益を出しているということなので、優秀なストラテジー・プロバイダーだと判断できます。

HotForexコピートレードまとめ

ここまで、「HotForexのコピートレード」について詳しく解説してきました。

最後に、紹介した内容をおさらいしておきましょう。

HotForexのコピートレードとは、ストラテジー・プロバイダーをフォローして、トレーダーがあなたの口座でも同じ内容の取引を行ってくれるサービスのことです。

HotForexコピートレードのメリットは以下の3つ。

メリットまとめ
  1. 独自プラットフォームを採用しているため、タイムラグが起こりにくい
  2. ストラテジーの数が800名以上&半年に1度の審査あり
  3. 日本人スタッフが在籍しており、日本語対応が充実している

HotForexコピートレードのデメリットは以下の2つ。

デメリットまとめ
  1. 円口座に対応していないので、入出金時に為替の影響を受けるおそれがある
  2. 手数料が獲得利益の20~50%と高め

Hotforexコピートレードの選び方のコツは以下4つ。

コツまとめ
  1. 安定性スコアが2以下
  2. 最大ドローダウンが20%以下
  3. フォロワーが50人以上
  4. 利益が緩やかな右肩上がりを描いている

HotForexのコピートレードはストラテジーの数が800名以上充実した日本語サポート対応検索機能の使いやすさなども評価が高く、多くのトレーダーが利用しているコピートレードサービス。

海外FXのコピートレードで安定的に稼ぎたいという方にはぴったりの口座ですので、ぜひとも口座開設をおすすめします。


茉莉花

やっぱり独自プラットフォームをもってるのは強いね!
そうなんです。ストラテジーの質も担保されているのも、HotForexを選択する理由としては十分でしょう。

師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA