茉莉花

師匠!私、海外FXのミラートレードについてもっと知りたい!
ふむ…。では、海外FX業者の中でも大きな業者にしぼってみていきましょうか。茉莉花さんにも分かりやすく、まずはワタシのおすすめ業者リストをランキングで紹介していきますね。

師匠

ミラートレードを提供している海外FX業者一覧

ミラートレードを提供している海外FX業者のランキング

GEMFOREX

現在は豊富なボーナスで有名なGEMFOREXですが、元々はブローカーではなくEAを提供している会社でした。

gemtrade
そして現在もEAやミラートレードを貸し出すサービスである「GemTrade」を運営しています。GemTradeには常時150以上のミラートレードのストラテジーがあり、GEMFOREXユーザーなら無料で利用することができます。

また、ミラートレードは基本的には他のトレーダーの取引をコピーするものですが、GemTradeはEAをワンクリックで簡単に運用できるようにしたタイプのものも豊富にあります。

裁量トレードで勝てない」「時間がなくてできない」という方にはうってつけのサービスです。

GEMFOREXミラートレード利用条件
口座 スタンダード口座
必要証拠金 5万円
手数料 なし

>>GEMFOREXの詳細ページはこちら

HotForex

HotForexは世界中で使われている海外FX業者。フランスの強豪サッカーチームのパリサンジェルマンの公式スポンサーでもあります。

そんなHotForexが提供しているミラートレードのストラテジー数は650以上

利益の20%から最大で50%ほどが手数料として取られてしまいますが、それだけ稼げる可能性があるとも言えるでしょう。

HotForexミラートレード利用条件
口座 HFCOPY口座
必要証拠金 $500
手数料 獲得利益の20~50%

>>HOTForexの詳細ページはこちら

TitanFX

TitanFXは自社のミラートレードのシステムではなく外部のZuluTradeを導入しています。

ZuluTradeは世界中のトレーダーが参加しているため、ストラテジーの数は圧倒的です。ZuluTradeの利用に月額手数料などはかかりませんが、通常のスタンダード口座にスプレッドが1.5pips上乗せされてしまいます。

そのため、スキャル系のトレーダーをコピーするのには不向きです。利用する場合はスキャル以外の手法で取引をしているトレーダーを探しましょう。

TitanFXミラートレード利用条件
口座 ZuluTrade専用口座
必要証拠金 2万円
手数料 通常のスプレッドに1.5pips上乗せ

>>TitanFXの詳細ページはこちら

FBS

FBSも世界中にトレーダーを抱えるブローカーの1つ。

FBSのミラートレードは専用のアプリをダウンロードして1クリックで取引が可能です。必要証拠金も1万円からと始めるハードルは低いので初心者の方にはおすすめができます。

ミラートレード利用条件
口座 スタンダード口座
必要証拠金 1万円
手数料 獲得利益の5%

>>FBSの詳細ページはこちら

XM

XMは世界中にサービスを展開していて、日本人に最も使われている海外FXブローカーと言われています。

業者の規模としては世界最大級ですが、実はミラートレードのサービスは提供していません。そのため、XMでミラートレードをする場合はMT4のメタクォーツ社提供しているがミラートレードを使う必要があります。

MT4上で簡単に利用できますが、XMが提供しているものではないのでストラテジー元のトレーダーと違う業者で取引をする可能性がある点や手数料が一律ではない点がデメリットです。ストラテジー元のトレーダーと違う業者を使っていた場合、スプレッドが異なってしまい大元のトレーダーだけ利益を上げている状況にもなりかねません。

以上のことからXMでミラートレードを利用するのはあまりおすすめはできません

ただ、会社の信頼性からどうしてもXMで使ってみたいという方は試してみても良いでしょう。

ミラートレード利用条件
口座 縛りなし
必要証拠金 ストラテジー次第
手数料 ストラテジー次第

>>XMの詳細ページはこちら

 


さて、あくまでミラートレードにしぼったランキングになりますが、どうでしょう・・・?

師匠

茉莉花

思ったより業者ごとに全然違うんだなぁって感じかな!
もう少し具体的に知りたくなってきたかも。例えば使い方とか!
なるほど。では、「そもそもミラートレードとは何か」というところから、おさらいを兼ねて順番に話していく必要がありそうですね。

師匠

海外FXのミラートレードとは

ミラートレードとは、

実在する他のトレーダーの取引をそのまま自分の口座で実践したり、あらかじめ組まれたシステムを使うことができる自動売買(システムトレード)のサービス
です。

EAとは違い簡単に利用できるので、特にFX初心者から人気を集めています。

ミラートレードでは、各業者が提供している「ストラテジー」というものを使うのですが、以下のように各業者のページから過去の成績などを参考に選べるようになっています。

HotForex
HotForexのミラートレードストラテジーの一部
GEMFOREX
GEMFOREXのミラートレードストラテジーの一部

また、ミラートレードは別名で「ソーシャルトレード」や「コピートレード」とも呼ばれていて、取り扱う業者によってその呼び名は様々。

さらに、一口にミラートレードと言っても実際には2種類のものがあるのです。

2種類のミラートレードがある

2種類のミラートレードとは、

  • 実在するトレーダーの取引をコピーするもの
  • EAのようにあらかじめ組まれたロジックを運用するもの
の2つのこと。

実在するトレーダーの取引をコピーするもの」は、裁量トレードをコピーすることになるので指標発表などのファンダメンタルズ要因による相場の急変動にも対応してくれます。

EAのようにあらかじめ組まれたロジックを運用するもの」は、あらかじめ利益を出すロジックが組まれているものを運用するため、レンジ相場などそのシステムが得意とする相場で力を発揮してくれます。

ちなみに、実績やトレードスタイル、相場などによるためどちらがおすすめとは一概には言えません

続いて、ミラートレードとEAは同じ自動売買ですが、「何が違うのか」を解説していきます。

ミラートレードとEAとの違い

ミラートレードがEAと違う点を簡単にまとめると以下のようになります。

ミラートレード EA
難易度 簡単 簡単〜難しい
環境 特になし PC/VPSが必要
カスタマイズ 不可 可能

これらをさらに深堀りしていきましょう。

VPSが不要

VPSとは、仮想サーバーのことでMT4とEAを常に動いている状態にするために必要なものです。

EAの場合はほぼ必須と言っても過言ではありませんが、ミラートレードの場合はVPSが必要ありません。ミラートレードはブラウザ上で起動・停止の操作ができるのです。

もっと言ってしまうとPCも必要なくスマホだけでできるので、初心者の方も簡単に自動売買を始めることができます

EAより簡単

EAはTP(テイクプロフィット:利確)やSL(ストップロス:損切り)のラインを自分で設定する必要があります。EAの作成者からおすすめの設定が聞ければいいですが、そうでない場合はまずデモ口座でバックテストをして適切な設定を探らなければなりません。

しかし、ミラートレードならトレーダーの取引をコピーしたりあらかじめ決められたシステムで取引をしていくため難しい設定は一切ないのです。

また、EAは指標発表時など相場が大きく動く時にリスクヘッジのために手動で一時停止させるなどの操作が必要になります。

実在するトレーダーの裁量トレードをコピーするミラートレードであれば、コピー元のトレーダーがリスクを回避してくれるので安心です。

裁量トレードをコピーできる

EAはあらかじめ組まれたロジックのソフトを運用していくもの。

一方でミラートレードは上記の通り実在するトレーダーと同じ取引をすることもできます。システムに任せるよりプロのトレーダーに任せたいという方には持ってこいのシステムです。

続いて、ミラートレードのメリットとデメリットを見ていきましょう。

ミラートレードのメリット・デメリット

ミラートレードにはどんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

ミラートレードのメリット

まずはメリットから解説していきます。

プロトレーダーと同じ取引ができる

ミラートレードの1番のメリットはやはりこれでしょう。

通常FXで勝てるようになるには、長い年月をかけて相場を分析し自分の勝ちパターンを探していく必要があります。結局最後まで勝てずに相場から退場してしまうことは珍しくありません。

しかし、ミラートレードならそれを既にやってきたプロトレーダーの取引をそのままコピーすることができるのです。お金をかけて勉強する必要もないので大きなメリットと言えるでしょう。

時間がなくても運用可能

ミラートレードは、ストラテジーを選んだら1クリックで起動させるだけで難しい操作はありません。

時間を使うのはストラテジーを選ぶ時だけ。それさえ済めば勝手に運用してくれるので、忙しく時間がない方でも利用することができます。

スキルが要らない

ミラートレードはストラテジーを選択したらあとは任せるだけなのでスキルが必要ありません。

FXは稼げるようになるまでが本当に大変。そのための勉強や分析をせずにスタートできるので、コスパ最強です。

続いて、ミラートレードにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

ミラートレードのデメリット

ミラートレードのデメリットは2つです。

他人任せになってしまう

ミラートレードは自分で取引せず、人の取引に乗っかるもの。

つまり、自分のお金を他人に預けて運用してもらう形になるのです。自分で取引をして失敗した場合、それは学びになるかもしれませんが、ミラートレードでの失敗はただの損失です。

それが納得できないのであればミラートレードは利用しない方がいいでしょう。

業者によってスプレッドが広がる

ミラートレードは、業者によっては通常のスプレッドに0.5~1.5pips上乗せされます。これは利用するための手数料ですが、スプレッドが上乗せされることで利益を出しづらくなってしまうこともにもなります。

コピー元のトレーダーは利益を出しているが、自分は損失になっているという状況があり得る、ということです。

スプレッドが広くなるのは明らかなデメリットなので、なるべくそうではない業者を選びましょう。

以上がミラートレードのメリットとデメリットです。それでは、次にミラートレードを実際に利用する手順を見ていきましょう。

ミラートレードの利用方法

ミラートレードを利用する方法は大きく分けて2つあります。

  • ミラートレードを提供している業者を使う
  • ミラートレードをレンタルして別の業者で使う

ミラートレードをレンタルして別業者で使うと、pipsが上乗せされるためおすすめはできません。そのため、ここではミラートレードを提供している業者を使う場合で解説していきます。

業者を選び口座開設

まず、ミラートレードを提供している海外FX業者を選びましょう。

数多くの業者がありますが、実はミラートレードを提供している業者はそう多くありません。代表的なのが、GEMFOREX、HotForex、TitanFX、FBSです。

中でも、ミラートレードが使える口座は以下のように決まっています。

GEMFOREX スタンダード口座
HotForex HFCOPY口座
TitanFX スタンダード口座
FBS スタンダード口座

そのため、以上のうちのいずれかの口座を開設する必要があります。

おすすめはGEMFOREXです。

理由は、手数料がかからず、裁量トレードのミラートレードとEAのようなシステムを運用するミラートレードの両方を扱っているため。

仕様もブラウザ上で1クリックするだけで利用できるため初心者にも分かりやすくなっています。

また海外FXは業者の信頼性が重要ですが、業者としての評価も高く「海外FXオンライン.com」というサイトではこのように紹介されています。

ミラートレードを始める際は検討してみてください。

それでは、口座を選んだら次はサービスの利用条件を確認していきましょう。

サービス利用条件を満たす

ミラートレードは業者ごとに利用条件があります。

GEMFOREXの利用条件

GEMFOREXの利用条件は以下の2つ。

  • スタンダード口座を開設
  • 証拠金残高5万円以上

GEMFOREXの場合はミラートレードはスタンダード口座でしか利用できません。

参考までに、他のサイトさんでGEMFOREXの口座タイプを一覧でまとめていました。


引用元:【GEMFOREXの評判・口コミ】ゲム歴7年の私だから言える真実と裏側|げむめし.comより

また、ミラートレードを無料で利用するためには口座の証拠金残高が5万円以上である必要があります。

ややハードルは高く感じるかもしれませんが、手数料がかからないことを考えると良心的を言えるでしょう。

HotForexの利用条件

HotForexの利用条件は以下の2つ。

  • HFCOPY口座を開設
  • 証拠金残高$500以上

コピートレード専用の口座を開設し、そちらに$500以上を入金することで利用することができます。

ちなみにHotForexは円建てができないので、基軸通貨はドルになります。

TitanFXの利用条件

TitanFXの利用条件は以下の2つ。

  • ZuluTrade専用口座を開設
  • 証拠金残高2万円以上

TitanFXは、まずスタンダード口座を開設し、その後にZuluTrade専用口座を開設する必要があります。ZuluTrade専用口座は簡単な情報を入力するだけなので、すぐ開設することができます。

FBSの利用条件

FBSの利用条件は以下の2つ。

  • スタンダード口座を開設
  • 証拠金残高1万円以上

FBSはまずスタンダード口座を開設し、そのあとでコピートレード専用のアプリをインストールすれば利用することができます。必要証拠金も1万円と少ないので、初心者でもお試し感覚で始められるでしょう。

ストラテジーを選びシステムを稼働させる

口座を開設し、利用条件を満たしたらストラテジーを選びます。

各業者によって提供しているストラテジーは違いますが、いずれでも以下のようなデータを見ながら選ぶことができます。

GEMFOREXのミラートレード運用データ

好成績を納めているストラテジーを選んだら、あとは業者ごとのツール上、あるいはマイページ上で1クリックで起動させるだけです。どの業者でも非常に簡単にはじめることができるので是非試してみてください。

最後にミラートレードの注意点を見ていきましょう。

ミラートレードの注意点

ミラートレードの注意点は2つです。

なるべくバックテストをしてから利用する

業者によりますが、ストラテジーをデモ口座でバックテストすることができます。

過去の相場でどれだけの成績を出すことができるのか試してみてから使うとより確実性があるでしょう。

完全に放置せず状況を確認する

いくらミラートレードで自分は取引をしないとは言え、完全に放置して何も確認しないというのはやめましょう。

ミラートレードは全てのストラテジーが稼げる訳ではありません

「気付いたら資金が底をついていた・・・」なんてことにならないために定期的にチェックするようにしましょう。


海外FXのミラートレードを全体的に見たときに言えることは以上になります。

師匠

茉莉花

デメリットや注意点まで知れたのは嬉しい!
でもこれって業者ごとに見たらまた違うのかな?
そうですね。先ほど茉莉花さんも言っていた通り、特徴はそれぞれ違いますから。

師匠

茉莉花

よし!じゃあどの海外FX業者から聞いていこうかな~…

 

>>海外FX業者一覧ページへ進む