FBSのコピートレードとは?口コミや報酬・やり方を徹底解説

「FBSのコピートレードってどうなんだろう?口コミや評判が気になる」
「FBSのコピートレードについて詳しく知りたいな」

上記のような疑問をお持ちの方へ向けた記事になっています。

茉莉花

FBSってレバレッジが3000倍まで可能な海外FX業者ってことしか知らなかったな~
たしかにハイレバレッジのイメージがありますね。実はミラートレード初心者の方も始めやすい海外FX業者なんですよ~。

師匠

海外FXにはコピートレードのサービスを提供している業者がいくつかあります。

その中でも、「FBS」のコピートレードは約1万円の少額から始められる&専用のスマホアプリで気軽に始められるという点から、コピートレードの初心者におすすめなサービスとなっています。

この記事では、そんなFBSのコピートレードについて「概要・口コミ」から「メリット・デメリット」に「始め方(口座開設手順)」まで詳しく解説していきます。

最後まで読めば、FBSのコピートレードについてばっちり理解し、すぐに口座開設してトレードを始めることができますよ!

FBSのコピートレードとは?

まずは「FBSのコピートレードとはどういうサービスなのか」という点から説明していきますね。

FBSのコピートレードとは、

FBSに登録されている「ストラテジー・プロバイダー」をフォローすることで、そのトレーダーと全く同じ運用ができるというサービスのこと
です。

つまり、FBSを利用している優秀なトレーダーのトレード内容があなたの口座でも行われる(コピーされる)ということです。

フォローしているトレーダーが利益を出したらそれに応じてこちらも利益を得られますが、その際一定の手数料をストラテジー・プロバイダーに支払うことになります。もちろん、負けた場合は手数料の支払いは発生しませんのでご安心を。支払う手数料は利益の5%に設定されています。

通常取引用の口座とコピートレード専用の口座は分かれていて、FBSではコピートレード専用のアプリにログインすることで自動的にコピートレード口座の開設が完了する仕組みになっています。

コピートレードを利用するのに必要な口座残高は100ドル以上。およそ1万円ちょっとあればコピートレードがはじめられます。

コピートレードと自動売買(EA)の違い

自分の代わりにトレードを行ってくれるFXサービスといえば、真っ先に思い浮かぶのが自動売買(EA)ですよね。

しかし、これまでにあまり自動売買をやってこなかった方からすると、「コピートレードと自動売買(EA)はどう違うのか」がわからないという人も多いでしょう。そこで、ここでは補足として「コピートレードと自動売買(EA)の違い」を簡単に解説しておきます。

コピートレードと自動売買(EA)の違いを一言で表すと以下のようになります。

  • 自動売買(EA) :プログラムに沿って機械的な動きを繰り返すトレード
  • コピートレード:人がトレードする裁量トレード

自動売買はプログラムによるトレードなので、相場の急変動などの予測不能な動きには対応することができません。大きな動きがあった場合は、EAを止める必要があります。

一方、コピートレードは人の手による裁量トレードなので、ファンダメンタルの変化にも対応可能。相場は不規則で何が起こるかわかりませんから、リスク管理としては自動売買(EA)よりもコピートレードの方が優秀です。

また、MT4でEAを動かすにはサーバーを用意したりVPSをレンタルする必要がありますが、コピートレードではそれらが一切必要ありません。コピートレードは業者内のサーバーによって管理されているため、ストラテジー・プロバイダーを選んでフォローすれば、あとは利益が出るのを待つだけでOKなのです。

FBSコピートレードの口コミと評判

続いてはFBSのコピートレードの口コミと評判を見ていきます。実際の利用者の声から、よりリアルな使い勝手を探っていきましょう。

以下はTwitterに投稿されていた、FBSコピートレード利用者の口コミです。

実際にコピートレードを利用して利益を得ている日本人トレーダーの声もありますね。

また、海外FX業界では有名なトレーダー「ハイレバ戦士まんぼう総裁」も、海外FXで有名なコピートレード提供業者として「FBS」の名前を挙げています。

この他にもFBSのコピートレードについて投稿されているツイートをチェックしてみましたが、取り立てて悪評などは見つかりませんでした。口コミ・評判に関しては特に悪くないといえますね。

FBSコピートレードのメリット

ここからは、FBSコピートレードのメリット・強みを見ていきます。

コピートレードを提供している他の海外FX業者と比べて、FBSのコピートレードは以下4つの点が優れています。

メリット
  1. 手数料が安い
  2. 少額から始められる
  3. コピートレード専用のアプリがある
  4. 損失補償ありのお試し投資ができる

①手数料が安い

まず1つ目のメリットは、「手数料が安い」という点です。

FBSコピートレードの利用手数料は、どのストラテジー・プロバイダーでも一律で獲得利益の5%に設定されています。同じくコピートレードを提供している海外FX業者「HotForex」は手数料が獲得利益の20~50%なので、比べてみるといかにFBSの手数料設定が破格であるかわかりますよね。

また、他の業者だと「ストラテジー・プロバイダーによってこちらが支払う手数料設定が異なる」というところも多いのですが、FBSはどのストラテジー・プロバイダーでも5%で統一されているので計算する手間も省けて楽です。

②少額から始められる

2つ目のメリットは、「少額から始められる」という点です。

FBSではコピートレードをはじめるのに必要な条件は口座残高100ドル以上となっています。2020年12月現在のレートで日本円にすると、だいたい1万円ちょっとあればOKということですね。

他の業者だと、コピートレードをはじめるのに最低でも5万円ほど必要になってくるので、比べるとFBSはかなり少額からコピートレードをはじめられます。

運用できる資金が少ないという方や、「コピートレードってどんな感じなのか試してみたい」という方でもFBSなら気軽にチャレンジできますよ。

③専用アプリがある

3つ目のメリットは、「専用アプリがある」という点です。

FBSはコピートレード専用のスマホアプリが用意されていて、入金やストラテジーのフォロー、取引状況のチェックなども全てそのアプリで行います。コピートレードを提供している海外FX業者はいくつかありますが、このように専用のアプリまで用意している業者はFBSのみ

スマホアプリであればいつでもどこでも簡単に取引の状況をチェックできますし、パソコンを持っていないという方でもスマホ1台あれば手軽にコピートレードをはじめられます。

④損失補償ありのお試し投資ができる

4つ目のメリットは、「損失補償ありのお試し投資ができる」という点です。

FBSのコピートレードには「リスクフリー投資」という初心者用の機能が用意されています。コピートレード口座開設後から最大2週間、実際にコピートレードで利益を得ながら基礎も学べるという機能で、このリスクフリー投資ではもし損失が出てもFBSが全額補償してくれます。

また、全ての注文で自動的に10%のストップロスが設定されるため、投資額の10%を超える損失は出ません。(もちろん、この10%までの損失も全て補償されます)

トレードの期間は1週間で、最大3人まで同時にフォローが可能。初心者の方は、いきなり本格的な運用をする前に、まずはこのリスクフリー機能で使い勝手を試してみるのがいいでしょう。

FBSコピートレードのデメリット

ここからはFBSコピートレードのデメリット・弱みを見ていきます。

FBSコピートレードのデメリットは以下の2つ。

デメリット
  1. 送信者登録のハードルが低い
  2. 日本語対応が不充分

では、これらデメリットの詳細を1つずつチェックしていきましょう。

①送信者登録のハードルが低い

まず1つ目のデメリットは、「送信者登録のハードルが低い」という点です。

送信者とは、コピー元となるトレーダーのこと。FBS内で送信者登録し、フォロワーを獲得すれば利益の5%を報酬として受け取ることができます。

FBSではこの送信者登録のハードルが低く、取引口座に100ドル以上あれば審査なしで誰でも送信者登録ができてしまいます。ハードルが低い分、質の低いストラテジー・プロバイダーも多くなってしまいがちなため、フォローを検討する際はきちんと質を見極めるようにしましょう。

②日本語対応が不充分

2つ目のデメリットは、「日本語対応が不充分」という点です。

FBSは公式サイトが一応日本語で書かれているのですが、ところどころ言葉がおかしい部分がありその対応はまだ不充分です。また、メールやチャットのサポート対応も日本語で問い合わせ可能ですが、その返答もソフトで翻訳したような文章が返ってきます。

しかし、サポートの対応自体はすごく丁寧で、日本語も全く通じないというわけではないため、今後もう少しだけ改善されればこのデメリットはクリアされるでしょう。

FBSコピートレードのやり方・始め方

ここからは、FBSのコピートレードのやり方・始め方を解説していきます。利用登録から実際にコピートレードを始めていくまでの流れを見ていきましょう。

まず前提として、FBSのコピートレードには「送信者」と「受信者」2種類のトレーダーがいます。

  • 送信者:トレードし、コピーの元となるトレーダー
  • 受信者:トレードをコピーするトレーダー

送信者は、トレードのコピー元となるトレーダーのことです。送信者登録をしフォロワーを集めれば、利益を上げて手数料を受け取ることができます。

受信者は、トレードをコピーするトレーダーのことです。フォローしているストラテジー・プロバイダーが利益を上げれば、こちらも利益を受け取れますが、フォローしているストラテジー・プロバイダーに5%の手数料を支払います。

この記事ではストラテジー・プロバイダーをフォローして利益を得る「受信者」の口座開設手順を解説します。手順は3分ほどあれば完了するので非常に簡単です。

受信者登録にはFBSの口座開設が必要です。開設がまだの人は口座開設フォームからどうぞ。

①アプリのダウンロード

まずはFBSコピートレードのアプリをダウンロードしましょう。

AppStoreかGooglePlayで、「FBS CopyTrade」と検索すれば該当のアプリが出てきます。

FBS CopyTrade

こちらをダウンロードして開いてください。

②アプリにログイン

アプリを開くと、以下のように「楽な投資をしよう」という画面が表示されますので、右上の「スキップ」をタッチして次へ進んでください。

アプリにログイン

すると、以下のようなログイン画面が表示されます。下のほうにある「ログインする」ボタンをクリックして、FBSのIDとパスワードを入力しログインしてください。

アプリにログイン

③暗証番号(PIN)の設定

次の画面では、セキュリティのために暗証番号を設定する画面へ移ります。

以下のような画面が表示されるので、「PINを設定する」をタッチしてください。

PINを設定する

すると、以下のような暗証番号を設定する画面が表示されます。ここで暗証番号となる四桁の数字を設定してください。

PINを設定する

iPhoneアプリであれば、ログイン時の暗証番号入力の代わりに指紋認証や顔認証を使うことも可能。

暗証番号を設定したあとは、以下のようにひとつ前の画面に戻ります。ここで「Touch/Face ID」をタッチすると、今後は指紋認証や顔認証でロックを解除できるようになります。

指紋認証や顔認証でロックを解除できる

④アプリから口座へ入金

暗証番号の設定を終えると以下のような「リスクなしの投資」という画面が表示されます。下にある「私も参加します」をタッチして次に進みましょう。

アプリから口座へ入金

次の画面では以下のようにコピートレードの使い方の説明が表示されますので、気になるならチェックしてみてください。右上にある✕ボタンを押せば消すことができます。

アプリから口座へ入金

コピートレードの使い方の説明表示を消すと、以下のような「トレーダーのリスト」という画面が表示されます。

アプリから口座へ入金

コピートレードは口座残高が100ドル以上でないと利用できないので、トレーダーを見る前にまずは入金をすませておきましょう。

左下の「投資」をタッチすると、以下のような画面に移動します。

アプリから口座へ入金

こちらの画面では投資の状況や投資額の確認、口座への入金が行えます。一番上にある「入金する」ボタンをタッチしましょう。

タッチすると、以下のような入金方法を選択する画面が表示されます。

アプリから口座へ入金

この中で自分の使いたい入金方法をタッチしてください。今回は「Bitwallet」で入金してみます。

入金方法をタッチすると、以下のような入金手続きの画面が表示されます。

アプリから口座へ入金

ここで「支払金額」の欄に入金したい額を入力し、下にある「後支払いをしたことを確認してください」ボタンを押すとBitwalletと連携する画面が開きます。

その画面でBitwalletにログインして先へ進めていくと、口座への入金が完了します。

⑤コピーするトレーダーの選択&フォロー

入金が終わったので、いよいよコピーしたいストラテジー・プロバイダーの選択とフォローに移っていきましょう。

先ほどの「トレーダーのリスト」画面では、FBSに登録されているストラテジー・プロバイダーの一覧が表示されています。

コピーするトレーダーの選択

この画面で確認できる項目は以下の4点です。

項目 詳細
①リスクレベル 取引時に使用される資金に対する、トレーダーの利用可能な資金の割合
②アクティビティ 口座にオープンオーダーがあった時間と、口座が存在する時間の比率
③トレードをコピーする
トレーダー
フォロワー数
④収益率 選択した期間の収益率

気になるトレーダーを見つけたらタッチしてプロフィールページを開いてみましょう。以下のような画面に移動します。

トレーダーのプロフィールページ

この画面ではリスクレベルやアクティビティ、収益率、ドローダウンなどの取引詳細を期間別に確認することができます。

詳細を確認し、「この人のトレードをコピーしたい」と思ったらフォローしてトレード登録をしてみましょう。

右下にある「リスクなし」のボタンを押すと、以下のような画面が表示されリスクフリー投資の登録画面が表示されます。

リスクフリー投資の登録画面

ここで投資額を入力し、「確認する」をクリックして進めればリスクフリー投資がはじめられます。初心者の方はまずこのリスクフリー投資からはじめてみるのがいいでしょう。

リスクフリーではない通常のコピートレードは、左下にある「コピー」というボタンから登録を進められます。このボタンを押すと、以下のように「定期的投資を追加しますか?」というダイアログが表示されます。

定期的投資

定期的投資というのは、「フォローして長期的なコピートレードを行っていく」という意味合いですね。ここでは右の選択肢「定期」を押しましょう。すると、以下のような画面に移動します。

定期的投資

この画面が表示されたら、投資額を入力し、「確認する」をクリックして進めればコピートレードが始められます。

ここまででFBSコピートレードのやり方は一通り完了となります。あとはこのアプリで定期的に利益やトレードの状況をチェックしていきましょう。

FBSコピートレードまとめ

ここまで、「FBSのコピートレード」について詳しく解説してきました。

最後に、紹介した内容をおさらいしておきましょう。

FBSのコピートレードとは、ストラテジー・プロバイダーをフォローして、トレーダーがあなたの口座でも同じ内容の取引を行ってくれるサービスのことです。

FBSコピートレードのメリットは以下の4つ。

メリットまとめ
  1. 手数料が一律で獲得利益の5%と安い
  2. コピートレード利用条件が残高100ドル以上なので約1万円の少額から始められる
  3. コピートレード専用のアプリがあり、手軽に取引状況を確認できる
  4. 損失補償ありのお試し投資機能があり、ノーリスクで使い勝手を試せる

FBSコピートレードのデメリットは以下の2つ。

デメリットまとめ
  1. 送信者登録のハードルが低いので、質の低いストラテジー・プロバイダーが多くなりやすい
  2. 日本語の対応がまだ不充分

FBSのコピートレードは約1万円の少額から始められる&専用のスマホアプリでお手軽に取引状況をチェックできるので、コピートレード初心者と非常に相性が良いです。

スマホ1台あればコピートレードをはじめられますので、ぜひコピートレード初心者の方もFBSからチャレンジしてみてくださいね!


茉莉花

リスクフリー投資、めっちゃ嬉しいサービスだね!師匠の言ってた通り、たしかに初心者も始めやすい!
そうなんですよ~。アプリもあるので、まずはスマホで気軽に試せるのが良いですよね。

師匠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA